ネット生命保険のメリットデメリット

ネット生命保険のメリットとデメリットって一体何!?どんなしくみ? - ネット生保のメリットデメリット

アーカイブ

http://www.sonylife.co.jp/

http://www.aflac.co.jp/

カテゴリー

更新情報

ネット生保のメリットデメリット

現在の生命保険は、インターネット上で見積もりや加入の手続きが出来るものが多くあります。
通称ネット生保などと言われています。
その中でもCMや広告などで知名度が高いものはライフネット生命やアフラック等ではないかと思います。
それらのネット生保で入力する必要があるのは主に、生年月日や性別で、細かな保障内容は自分で設定する事が出来ます。
まずは生年月日と性別で、どの保険商品にするかを選択して、一
般的なモデル保障をみてみましょう。
思ったよりも安価であったり、保障が低めに設定されている事が多いのですが、これを自分の欲しい分だけの保障内容に変更すると、それに準じた保険料が計算されて表示されます。dfgdhrsth
あくまでもシュミレーションですから、参考程度に見ておくと良いでしょう。
このネット生保なるシステムは、近年大手生命保険会社でもシュミレーションが出来るようになってきています。
日本生命や住友生命のような大手生保会社では、より商品の設定が細かい場合が多く、入力項目がやや多めかも知れません。
保険料の払込期間を調節したりも出来るので、自分のライフスタイルに合わせてシュミレーションする事が出来ます。
シュミレーションが出来ると言う事はとても便利で、生命保険ランキングで一番選ばれている保険がわかります。
ですが、あくまでもシュミレーションであることを忘れてはいけません。
実際に生命保険に加入する時には、ウエブからだけではなく、保険外交員を介して加入する場合もありますし、新商品の説明を受ける可能性もあります。
結果的にシュミレーションした内容とは少し違う保障内容になる可能性もあるので、その点においては注意が必要です。
ネット生保をするなら、生命保険に関する知識がある程度あった方が良いでしょう。
この保障がどこまでのものなのか、何に対しては保障して、それ以外は保障対象外になるのかなど、約款に記載されているような内容を少しでも理解している方が、活用しやすいと思います。
生命保険会社で働こうと思うならば、生命保険に関する知識はもちろんのこと、ファイナンシャルプランナーの資格を持っているとさらに良いと思います。
ファイナンシャルプランナーとは、お金についてのスペシャリストと言われており、保険代理店や、保険外交員、その他の保険窓口の担当の人もこの資格を持っている事が多くあります。
ファイナンシャルプランナーは実際にお金の相談に乗ってくれる、つまり家計の整理や、どうやったら上手く貯蓄ができるかなどをアドバイスしてくれるので、自分では気付かなかった家計の無駄などを指摘してくれる場合があるそうです。

個人年金保険とはどのようなものか
解約返戻金の金額は
解約返戻金について
結婚を機に生命保険に加入する場合
個人年金保険に向いている人

ファイナンシャルプランナーが実際にテレビに出て、ある家庭の家計をやりくりするような番組もあったと思いますが、家計の無駄を見つけるプロと言っても過言ではないように思います。
ファイナンシャルプランナーは実際に生命保険を売ると言う事はあまりなく、保険会社や保険代理店との連携を持ち、活動する人が多いようです。
実際に保険を売らなくても、相談料を貰えるので、それで生計を立てている人もいるそうです。
ファイナンシャルプランナーの資格は実際に生命保険会社の営業員に試験を受けさせることが多くあります。
この資格を持っている方が、お客様ノトータルプランナーとして活躍できるからです。
お客様のトータルプランナーとして活躍出来るようになれば、その家計のやりくりから、将来設計までを担当することができるので、大変有利な資格だと思います。
お客様にとっても、安心感が違うのではないでしょうか。
ファイナンシャルプランナーは、1級、2級、3級とあり、それぞれ学科試験と実技試験があります。
3級は合格率が50から60パーセント、2級は、30パーセント前後、1級はもっと高確率が下がると言われている難関です。
とりあえず勉強する事は良いと思いますが、できることなら、1級を取得して、活躍出来るようになると良いと思います。

Copyright(C)2014ネット生命保険のメリットデメリットAll Rights Reserved.